Loading

Blog

5月 22, 2024
写真

写真には時間がない。ある瞬間を捉えて画像として切り取る。その瞬間をどう切り取るかで、写真家の専門領域が少しづつ分岐していくの…

Read More
5月 15, 2024
遠山美術館

「とかく味気なく冷たい黙して、堅い表現を与えがちな今日の建築に、もし一片の詩情の投入が許されるならば、内なる生命が静かに建築…

Read More
6月 3, 2023
川島の邸宅

埼玉県川島町に同町出身者で日興証券創立者である遠山元一氏が建てたお母様のための家がある。埼玉県中西部の荒川と入間川に挟まれた…

Read More
4月 28, 2023
異国の空

人生で一度だけ気球に乗ったことがある。毎年1月、アメリカ西部の山岳地で、全国から気球愛好家が集まるbluff balloon festival…

Read More

Sci-Arcの授業はどれも刺激的なものばかりだった。その中でもProf. Coy Howardのvisual studiesはとても印象に残っている。…

Read More
10月 14, 2022
好み

自分の好みの源はなんだろう。1990年代後半から日本でもインターネットが普及し始めた。大学生の頃、ネット販売を初めて利用して…

Read More
4月 12, 2022
美しい景観

土木工学科の3年生の時に、同学科一期生の先輩である畠山義人さん(当時清水建設景観グループ所属)によるランドスケープデザインと…

Read More

昨晩5歳の息子とプラレールのトンネルを作る約束をしていたにも関わらず時間が作れなかったので、今日はお昼の休憩返上で模型を製作…

Read More

ロサンゼルスのアーツディストリクトでは街の至る所で壁面アートをみることができる。2010年に4年間暮らしたソルトレイクシティ…

Read More
2月 28, 2022
日本の線

高階秀爾著「日本人にとって美しさとは何か?」の中に、”ヨーロッパのカーブと日本の反り”の違いについての考察がある。コンパスな…

Read More
2月 20, 2022
世界の中心

私の大好きな建築の一つ、埼玉県宮代町にある進修館(公民館)である。設計は象設計集団。温かみのある楽しい建築は「世界でひとつし…

Read More
12月 24, 2021
空間に動きを

建築家村山雄一氏の言葉である。母校にほど近い住宅街に一軒の素敵な家が建っている。私が高校に入学した1993年に竣工している。…

Read More
3月 19, 2019
原美術館

閑静な住宅地を進むと原美術館の門が見えてくる。1938年竣工、設計は様々な様式を手がけた渡辺仁、20世紀初頭のごく短い期間に…

Read More

親子向けワークショップに招かれて、友人の建築家と一緒に「建築」について少しだけお話させていただいた。お題は「建築ってなんだろ…

Read More
1月 20, 2019
木を読む力

友人の建築家が徳島で石端建て、伝統構法の家を建設している。滋賀の宮内棟梁のもと、地元徳島、三重、岡山、香川から腕利きの大工が…

Read More
8月 1, 2018
手仕事

ライムフラッグという緑色の美しい石灰岩。カタログには石が綺麗に貼り付けられた土間の写真が工業製品のように掲載されているが、届…

Read More